第70回 日本生態学会大会

託児費補助

ESJ70参加者託児費補助のご案内

第70回日本生態学会仙台大会は受賞講演などを除き全面オンライン形式で開催されます。 本大会では託児へのサポートを、昨年度と同様に、対象者が利用した託児料金の一部負担という形で行ないます。詳細については以下をご覧ください。

概要

対象者がお住まいの地域あるいは大会会場(仙台市及びその近隣地域)の地域にて、個別に利用した託児料金(シッターの利用や保育園の一時保育等を想定)の領収証を証拠として会期後に還元いたします。

対象者

日本生態学会員の大会参加者(平日、土日問わず。発表者でなくても利用できます。)

*「シンポジウムやフォーラムに発表者やコメンテーターとして招待されている(非)学会員」も利用できます。

対象期間

2023年3月17日(金)から2023年3月21日(火)

補助額

半額補助。他機関(所属組織等)からの補助がある場合は、託児料金からその補助額を差し引いた後の半額とします。ただし子供1人あたりの上限は5000円/日で、子供の数に制限はありません。また、申込数が想定を超えた場合は補助額が減額となる可能性があります。

申込み(事前のみ)

申し込み期間は、2023年1月17日(火)から2023年2月20日(月)といたします。申し込みページは1月17日より利用可能です。

ESJ70託児費補助申し込み

申し込みをいただいた方には、実行委員会から折り返しメールにてご連絡させていただきます。万一、2月中に返信がない場合には、恐れ入りますが実行委員会託児担当(nursery@esj.ne.jp)にご連絡いただきますようお願い申し上げます。

事後の書類提出

ESJ70終了後、2023年3月28日(火)の23:59までに託児利用の内訳(名前、日付、人数、時間等)がわかる領収書をご準備いただき、領収書画像を国内の振込先口座情報とともにメールにてお送りください。

問い合わせ先

書類の提出および託児費補助に関係する各種問い合わせは以下のメールアドレスまでお願いします。

nursery@esj.ne.jp(実行委員会 託児担当)